【図書館】記事一覧

◎滞在型の図書館について

定例会名:

実現!進行中

 

課題

一般質問で図書館カウンターの質問をした。その際に、事業別財務諸表に基づき費用対効果の詳細な分析を行い、本を借りるという観点では、図書館カウンターの一冊当たりの貸出しコストは、他の一般的な図書館の平均と比べて安価であるとの結果が出ていた。

・従来型の地域図書館は、図書館カウンターとは差別化をはかり、本を借りる・返す、といった機能以外の部分を充実させることが必要。

 

課題解決に向けた質問・提案

・本の貸出し、返却といった図書館機能だけではなく、文化施設としての機能を兼ね備えた図書館カウンターとは対極的な滞在型図書館が必要である。

・具体的には、貸出・返却は自動貸出、自動返却にする、一方で、パソコンと電源、Wi―Fiといったネット環境を整備をし、閲覧席を時間制、ネット予約可、有料自習室といった形で大幅に増やす、そして、人々が集えるようなセミナールーム、小中学生用の学習室、読み聞かせ室など、幅広い世代の方々が様々な用途で使用できるようにする、また、カフェも併設をして、区民の皆様が休日に時間を気にすることなく、一日中のんびりと余暇を過ごせるような癒やしの空間を提供するといった滞在型の図書館も整備をする必要がある。

・予定されている梅丘図書館の現在の進捗と今後について、改めて伺う。

 

成果

・区立図書館は、地域、地区の歴史を伝承し、地区の文化の醸成を担う知の拠点であり、図書の貸出し、返却等のサービスを提供する立ち寄り型図書館としての機能とともに、にぎわいや居場所など、人が集い、新しい学びを創造する場である滞在型図書館としての機能がある。

・これからの図書館には、コロナ禍での臨時休館などの経験を踏まえた誰もが安心して利用できる図書館サービス機能やICTの活用など新しいサービスが求められている。

・委員お話しの梅丘図書館については、羽根木公園と一体となった空間を生かして、くつろぎやにぎわいの場を創出するとともに、Wi―Fi環境の充実やICタグを活用した予約システムの導入など、滞在型と立ち寄り型の機能を併せ持った図書館として、令和5年度の着工に向けて準備を進めてまいる。

 

 

 

ページトップに戻る

◎ICタグについて

定例会名:

実現!

 

課題

世田谷区は、貸出の自動化が進んでいない。

 

課題解決に向けた質問・提案

・滞在型図書館は、図書館機能は最小限にし、文化施設としての機能を充実することで、区民の方に癒やしの空間を提供することができる。

・そのためには、本の自動貸出し、自動返却が重要であり、ICタグをフル活用することで、無人貸出機による本の自動貸出し、自動返却、また自動の予約貸出しのコーナーを設けることができる。利便性向上、また、コスト削減できる。

・前回の質問の答弁では、「区立図書館では、平成29年度の世田谷図書館、経堂図書館を皮切りに、順次ICタグの導入を進めてきており、尾山台・烏山・上北沢・鎌田図書館の四館に導入した。」とあった。現在の効果と今後の活用方法について伺う。

 

成果

・令和3年度は、奥沢・桜丘図書館と5つの地域図書室の図書資料にICタグの貼付作業を実施しているところ。

・平成29年度から順次行ってきたICタグ貼付は、今年度で梅丘図書館を除いた全図書館の作業が完了する予定。

・ICタグの導入により、自動貸出機の利用によるプライバシーの確保や、貸出し・返却処理速度向上による待ち時間の減少、セキュリティーゲート設置に伴う図書資料の盗難防止といった効果が見込まれる。
・今後、自動貸出機、自動返却機、予約本自動受け取り機等の活用推進により、デジタルトランスフォーメーションの視点を踏まえた窓口業務の改善にもつなげていきたい。

ページトップに戻る

◎図書館カウンター下北沢について

定例会名:

実現!

 

これまでの図書館カウンターの実現の経緯

・平成21年に初めて図書館ターミナルとして取り上げて以来、何度か議会で質問した。

・ようやく平成27年4月に図書館カウンターという名前で二子玉川に整備された。

・平成27年10月には図書館カウンター三軒茶屋が整備された。

 

課題

・世田谷区内には、半径1km以内に図書館がない図書館不便地域が存在する。

・仕事帰りに図書館に立ち寄りたいが、すでに図書館が閉まっている、との声をいただく。

 

課題解決に向けた質問・提案

・駅近くは何も大きな図書館を造らなくても、駅近のちょっとしたスペースを利用して、ICTを活用して図書館の検索、取り寄せ機能と返却ボックスを置けば十分に機能すると訴えて以来、二子玉川、三軒茶屋に次いで、図書館カウンター第3号として図書館カウンター下北沢が令和4年3月の開設に向けて動き始めた。

・図書館カウンター二子玉川・三軒茶屋では、20代から50代の利用者が、約7割を占めており、開館時間に間に合わない働く世代の方々の利用者が多く、当初の狙いに合致しており、すばらしい。

・図書館カウンター下北沢でも、これまで図書館を利用したことがない新規利用者の獲得を目指していただきたい。
・これまでの2館の図書館カウンターの実績と、図書館カウンター下北沢の今後について伺う。

 

成果

・図書館カウンターの利用状況は、貸出し数が2か所合計で平成28年度の約31万件から令和元年度は約41万件と年々増加している。

・また、図書館カウンターの設置によって新たに利用者登録をされた方も多く、利用の拡大につながっている。
・図書館カウンター下北沢については、京王電鉄が井の頭線下北沢駅の高架下に建設を進めている商業施設に、令和4年3月に新たに開設する予定。

・今年度中に実施設計を進め、令和3年10月ごろから内装工事に入る予定となっている。

・運営については、プロポーザルによる事業者選定を行い、業務委託を行っていく。

・図書館カウンター下北沢の設置により、周辺地域にお住まいの方々や、小田急線、井の頭線の乗降客など、通勤通学や買物のついでに図書館サービスを利用できる環境を提供してまいりたい。

ページトップに戻る

◎図書館へのテレワークステーションの整備

定例会名:

課題

・コロナ禍において、働き方、生活様式が大きく変わり、テレワーク当たり前の時代になってきた。

・一方で、自宅でずっとパソコンの前にいるのはつらいので、午前中はカフェ、午後は自宅といったように場所を変えてテレワークをしている友人もいる。

・区民の皆様からの声が多いのは、「テレワークに最適な声を出すことができる場所が少ない、場所が欲しい。」というもの。
・私もオンライン会議などで、特に移動中にオンラインができる場所に困ることがある。

 

課題解決に向けた質問・提案

・例えばJR東日本では、駅構内などにステーションワークを整備するなど、民間企業では整備が進んできているが、公共施設は未整備。
・そこで、図書館の中に、閲覧席とは別に、テレワーク用の声を出すことができるスペースを設けて、皆様の働き方に合わせ、テレワークステーションを整備していただきたい。見解を伺う。

 

成果

・新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、社会的にも、テレワーク、リモートワークなどの新たな働き方が定着しつつある。

・図書館では、これまで館内にWi―Fi環境を整備し、一部、電源を備えたパソコン利用が可能な閲覧席を設けるなど、図書館の資料等を活用した仕事のできる環境を整備してきた。
。ただし、図書館内にある閲覧席という性格上、オンライン会議等の声や音の生じるものについては対応できていない。

・オンラインでの会議や打合せ等に対応するためには、図書館内に防音対策を施した個室スペースを設ける必要があり、直ちに対応するのは難しい。

・今後のテレワークの進展状況や、どのような設備が求められているかなど、民間や他自治体の設置例等を参考に研究していく。

ページトップに戻る

◎電子図書館の整備について

定例会名:

実現!

 

課題
・コロナ禍、図書館が閉鎖した際、一定期間、図書館を利用できなかった、と言う声が多い。

・仕事が忙しくて、なかなか図書館に行けない、仕事から帰宅すると、図書館が閉まっている、との声がある。

 

課題解決に向けた質問・提案

・電子図書館は、図書館に行かなくても、インターネット上で本の貸出・返却・閲覧ができる、利便性の高い図書館である。

・平成25年から幾度となく、電子図書館の必要性について質問してきた。

・前回はコロナ禍において、特に有効かつ必要である旨の質問をし、そのときの答弁では、「新しい生活様式の下、図書館サービスとして検討すべき課題と認識している。今後、電子図書館サービスの活用の可能性を検討する。」との答弁をいただいた。進捗状況について伺う。

 

成果

・電子図書館は、コロナ禍において図書館が休館もしくはサービスの一部を休止した際の図書館サービス継続のための有効な手段であると認識している。
・現在の進捗状況は、この秋、冬の新型コロナウイルス及び季節性インフルエンザの感染拡大に備えて、11月初旬の電子書籍サービス導入に向け、サイト構築、選書準備等に取り組んでいるところ。

・特に選書については、新刊等も含め、児童書や文学など幅広い分野の資料、また、障害者の方々が利用しやすいよう読み上げ機能など、電子書籍の特性を生かした資料を中心に選定を進めている。

ページトップに戻る

◎図書館ホームページへの改善について

定例会名:

実現!

 

課題

・コロナ禍、世田谷区の図書館をよく利用されている学生の方から、次のような御意見をいただいた。

「世田谷区立図書館の本を予約するページがとても使いにくい。戻り方も探し方も分かりにくい、もう少し見やすくしてほしい。」
課題解決に向けた質問・提案

・「世田谷区立図書館の本を予約するページがとても使いにくい。戻り方も探し方も分かりにくい、もう少し見やすくしてほしい。」との声がある。
・コロナ禍で、図書館の館内利用が難しく、このページから本を予約している人も多い。ホームページの改善について、区の見解を伺う。

 

成果

・現在の図書館ホームページは、平成30年に大幅にリニューアルしたもので、月に40万件程度のアクセスがあるなど、多くの方に御利用いただいている。

・資料の検索方法や予約方法などについて、利用者の方からお問合せや御意見をいただくこともある。すぐに改善できることは随時対応しているが、システムの改修が必要であったり、過去の貸出記録が見たいなど、個人情報保護のため、直ちに対応するのは難しい要望も寄せられている。

・また、案内を掲載していても、ページが探しづらいため、読んでもらえない場合も多く、利用者の方にとって分かりやすいホームページ構成にすることの重要性も認識しているところ。
・今後、システム改修が必要な事項については、利用者要望や必要性を十分検討するとともに、ホームページの構成や文章の分かりやすさなどにも配慮し、使いやすく分かりやすい図書館ホームページに努めていく。

ページトップに戻る

◎大学図書館と図書館との連携について

定例会名:

実現!

 

課題

・以前に区民の方からの次のようなご意見をいただいた。

「国士舘大学の図書館をたまに利用するが、大学の図書館は学部の専門的な本があるので面白い、他の大学、専門学校の図書館も利用させていただきたい、また、貸出しは難しくても、閲覧だけでも可能にしてもらいたい。」というもの。

 

課題解決に向けた質問・提案

・世田谷区は現在、12の大学と大学図書館の利用について協定を結んでいる。

・大学は専門的な書籍もそろっていることから、大学図書館を利用することで、区民の方の教養力にもつながる。一方で大学図書館との連携を知らない方もいらっしゃり、図書館ホームページに、「どの大学と連携をしているのか、許可制なのか、どういった分野の本が置いてあるのか、閲覧だけか、もしくは貸出しも可能か?」といった、それぞれの大学図書館との連携データをリスト化して、ホームページで広く区民の皆様にお知らせをしてほしいと、以前に質問した。

・その後の進捗状況と、区内全ての大学と連携できるように、連携の拡充について伺う。

 

成果

大学図書館との連携については、現在、12大学と利用協定を結んでいる。紹介状が必要な場合は区立図書館で発行を行い、区民の方がこれらの大学の図書館を利用できるようになっている。

・利用協定を結んでいる大学図書館は、各大学図書館を利用するに当たり、紹介状を要せず、図書館が利用できるところや、必要な書類や注意点などをまとめた一覧を図書館ホームページに掲載して、確認できるようにしている。
・現在、コロナウイルス感染症拡大防止のため、区民の方が大学図書館を直接利用できない状況となっているが、この状況が改善した際は、協定を結んでいる各大学図書館の区民利用について、一層分かりやすい情報提供に努めるとともに、委員お話しの区内大学との連携拡充についても、今後検討していきたい。

ページトップに戻る

◎梅丘図書館の整備について

定例会名:

実現進行中!

 

課題
・新たな形の滞在型図書館について、世田谷図書館に次いで、二つ目の改築となる梅丘図書館は、コロナ禍において、事業が延期された。

 

課題解決に向けた質問・提案

・以前から幾度となく質問・提案してきた。
・梅丘図書館は、敷地の広さ、豊かな緑といった環境の観点からも、自動貸出し、返却、また、Wi―Fi、ビジネスコーナー、閲覧席、電源、会議室、集会室、カフェといった様々な機能を網羅した、実質的に滞在型図書館第一号とも言える。

・周辺住民の方の期待も高いのだが、延期を知らない方もいた。区民の方への延期の周知と着実な整備を求める。

 

成果

・梅丘図書館の改築は、財源確保のため、緊急見直しにより、3年間延期した。
・広報、周知について、まずは町会・自治会、商店街や、改築基本構想時のワークショップ参加者など、近隣の方々等へ延期について周知している。今後、改めて区のホームページや梅丘図書館の掲示等により周知していく。
・今後、関係部署と調整の上、改築計画の詳細が決まり次第、近隣への周知に加え、ホームページ、広報での周知を図り、改築に向けて、しっかり準備を進めていく。

 

ページトップに戻る

◎図書館カウンター下北沢について

定例会名:

実現!

 

課題

・下北沢界隈に図書館がない。

 

課題解決に向けた質問・提案

・図書館カウンターの整備について、図書館ターミナルという名称であった平成21年から幾度となく取り上げてきた。

・図書館カウンターとは、本のない予約のみの図書館で、駅のちょっとしたスペースを活用し、夜遅くまで開館をしている貸し出し、返却、取り寄せ機能に特化した図書館。
・図書館にはエアポケットという考え方があり、その狭間に当たる地域は図書館不便地域であり、二子玉川、三軒茶屋、下北沢などは、この図書館不便地域に当たっている。

・その後、二子玉川、三軒茶屋は図書館カウンターが整備をされ、本がないにもかかわらずインターネット上の予約数がまちかど図書室を合わせて23ある図書館の中で、それぞれ5位、6位と大変好評で、また、図書館の新規利用者もふえており、本来の図書館カウンターの目的に合致している。
・今回、ようやく下北沢への図書館カウンターの具体的な案が示された。図書館カウンター下北沢も同じ方向を目指していただきたい。検討状況について伺う。

 

成果

・図書館カウンターは、図書館サービスの補完的な役割として、資料の予約や貸し出し、返却などを主な機能に特化し、平成27年度に二子玉川と三軒茶屋の2カ所に開設した。

・2カ所でのこれまでの利用状況は、委員のお話にありましたように、年々増加もしており、新たな図書館利用者の拡大にもつながっている。
・下北沢周辺への図書館カウンター設置に向けての検討状況ですが、現在、京王電鉄が井の頭線下北沢駅東側に建設を計画している商業施設への開設に向けて協議を行っている。

・下北沢は、二子玉川、三軒茶屋とともに、区の広域生活・文化拠点に位置づけている。

・図書館カウンターの設置は、京王井の頭線、小田急線の乗降客や周辺の地域にお住まいの方々などを中心に、利便性の向上が図れると考えている。

・日ごろ、図書館に足を運びづらい方でも、通勤や通学時などにも利用できる環境を提供し、たくさんの方に図書館の本を手にとっていただけるよう、引き続き京王電鉄の計画の進捗に合わせて協議を進めていく。

ページトップに戻る

◎電子図書館について

定例会名:

実現!

 

課題

・コロナ禍、自粛期間中に本を読む方が多くいたが、図書館が休館しており、利用できなかった。

・働く世代の方は、図書館に行く時間がない。

 

課題解決に向けた質問・提案1

新型コロナウイルスの第二波、第三波が来たときの対策として、休館中もインターネットでの予約だけは行い、郵送での無料宅配を行っていただきたい。

 

成果

・区立図書館は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、4月11日から5月末まで臨時休館とした。6月1日からは、感染防止対策は講じた上で、段階的にサービスを再開している。

・貸出し宅配サービスについて、休館期間中に予約が確保された約5万冊の資料を開館後利用者が受け取るため、集中して密な状態にならないよう希望者へ無料で宅配したもので、6月1日の再開前に約13000冊の宅配の受付した。

・図書館が休館の際、利用者に資料や情報を提供するためには効果的なサービスであり、新しい生活様式での図書館サービスとして検討すべき課題と認識している。

 

課題解決に向けた質問・提案2

・コロナでの自粛期間だからこそ、電子図書館を導入し、充実した区民サービスを提供すべきである。

・現在、電子図書館を導入している自治体は、2020年4月現在、94自治体で、2018年7月は81自治体、2019年7月は87自治体と年々増えている。

・昨年の第2回定例会の私の質問への答弁では「今後さらに廉価で利用できるようなサービスに見合った調達環境となっていくかなどの動向を注視しながら、検討する」とのことだった。

・電子媒体との役割分担をしながら電子図書館を整備していただきたいと考える。改めて見解を伺う。

 

成果

・これまで電子図書館は、コンテンツの少なさなど様々な課題があることから、公共図書館での導入が進んでない現状だが、今般の新型コロナウイルス感染症の拡大防止により、休館もしくは一部サービスが提供できない状況において、電子図書館サービスは利用可能であり、今後サービスの必要性が高まるものと認識している。
・今後、電子図書館サービスの活用の可能性を検討するとともに、貸出し宅配サービスの評価、検証等を進めていきたい。

 

ページトップに戻る

1 2 3


議会中継動画

  • インターネット議会中継

定例会名