【教育】記事一覧

◎区立中学校のカリキュラムについて

定例会名:

私は、教員免許を小中高の三種類保有しており、三度の教育実習にも赴いた。そのときの経験が現在の私の原点となっている。

 

課題
・中学校では、今年の中学3年生から、ゆとり教育からの完全決別を意味する新カリキュラムが全面適用となっており、さらに、高等学校では、来年度から新カリキュラムが全面適用となる。

 

課題解決に向けた質問・提案1

・来年度の高校の新カリキュラムにおいては、言語文化が始まる。世田谷区独自の科目である「日本語」は言語文化と深い関係があると考えている。

・特に今回の改定では、論述力の充実が求められているが、この点について、教科「日本語」の中でどのような工夫が行われているか、伺う。

 

成果

・教科「日本語」では、令和2年度に教科書の改訂や教材の新設を行い、児童生徒の様々な課題を多面的、論理的に思考判断し、それを適切に表現するためのコミュニケーション能力の育成などに取り組んでいる。

・例えば論理の力を考えるという単元では、論理的な表現とはどういったものかという説明文を読んだ上で、自ら論理的な文章を書いてみるという学習を行っている。

・また、中学校2年生を対象に年間28回実施している朝学習では、新聞の社説の要約などの学習を通して、情報を読み取り、的確に表現する力などの言葉の力を高めている。
・今後もこのような取組を推進し、教科「日本語」の授業や教材を通し、児童生徒一人一人の論述する力を育成していく。

 

 

課題解決に向けた質問・提案2

・これまで高校の古典では、平安時代から鎌倉・室町時代のものが題材とされていることが多かったが、言語文化では、奈良時代やそれ以前、及び江戸時代の文献も取り上げられることとなった。

・世田谷区で実施をしている「日本語」の時間に言語文化の要素を加えることで、我が国の文化を理解する上で大変有益であると考えるが、区の見解を伺う。

 

成果

・来年度より新学習指導要領が実施される高等学校の国語科において、奈良時代から近現代に受け継がれてきた我が国の言語文化に主眼を置いた、全ての生徒に履修させる共通必修科目である言語文化が新設される。

・言語文化の理解に向けて行われる言語活動には、俳句や短歌を作成して表現することや、伝統行事や風物詩などの題材を選んで随筆などを書いたりする活動が例示されており、現在、教科「日本語」で学習している内容や教材、日本文化などと深く関係していると捉えている。
・引き続き、教科「日本語」の指導を通して、子どもたちに我が国の言語文化に親しむ態度を育むとともに、進学後の学習へと円滑に接続できるよう努めていく。

 

課題解決に向けた質問・提案3

・1947年にGHQ主導で日本数学会と日本物理学会が分離された結果、我が国においては、数学者と物理学者の距離が大きくなった。

・このことの弊害は、特に西日本で深刻であると言われている。特に東大や京大の理系学部に合格するためには、微分積分や微分方程式の知識を総動員した物理の解法を身につけることが非常に重要と言われている。
・そこで、来年から理数探究が始まることになるが、現在、各学校が内容を模索中であると聞いている。

・ただ、数学と物理の接近は産業界からの要請でもあり、中学段階から進めておくことは、未来の我が国の発展を支える人材を育てる上で非常に有益であると考える。「日本語」と同様、区として新たな取組を行うべきだと考えるが、区の見解を伺う。

 

成果

・高等学校の理数探究では、数学や理科に関する課題に対して、数学的な見方、考え方や理科の見方、考え方を働かせながら、自ら課題を探求するために必要な資質、能力を育成することが目標になっている。
・世田谷区においては、世田谷探求的な学びの実現を掲げ、各教科や総合的な学習、教科、横断的な学習の中で児童生徒が自ら問いを見いだし、自分なりの方法で課題を解決し、新たな課題を見つけていく能力を育むように取り組んでいる。
・中学校の理数系の授業においても、自ら課題を解決するための総合的な学習の時間なども活用しながら、探究的に学習していくように取り組んでいく。

ページトップに戻る

「地域活性化論」大学で講義をしてまいりました!

定例会名:

コロナが明け、久しぶりに、獨協大学で講師をさせていただきました!
テーマは、「地域活性論」

議員の仕事の内容と、NPOと世田谷区との協働の取り組みをお話しました。

「行政で出来ることには限界がある。」
「民間で出来ることは民間に!」
「官民連携」

これらをキーワードに、社会的な活動をしているNPOと世田谷区の協働事業は次の通り。
●災害時のボランティア受け入れ体制
●たまちゃり地域ルール作り
●軽度認知症への理解・認知症予防事業
●成人障害者の余暇活動
●空き家の予防事業
●地域インターンシップ世田谷
●タマリバタケ
等……

行政のスリム化をしつつ、行政にしか出来ない分野、行政が担うべき分野を強化する。

最後の質疑応答では、議員の仕事のやりがいは?大変なことは?NPOの活動の資金面の課題は?など、多岐にわたる質問をいただき、
とても有意義な時間でした。

次の世代に期待します!

ページトップに戻る

◎デジタル教科書について〜教育分野のDX〜

定例会名:

実現!進行中

 

課題

・教育分野のDXが遅れている。

・教員の人材が不足している中、デジタル対応を行い、効率性が大切である。

 

課題解決に向けた質問・提案

・政府はデジタル教科書の普及に向けて、現在は各教科の授業時間数の2分の1未満と定められている文部科学省令を改正し、時間の制限をなくす方針を固めた。今年の四月から制限が撤廃される予定。

・19年度に、文部科学省がモデル校で実施した結果、学校からは、制約なく自由に使えるほうがよい、制限がなくなれば多様な授業が可能になるといった声が出ている。
・デジタル教科書は、動画や音声のコンテンツを盛り込むことができ、児童がより視覚的に教科の内容を理解できるだけではなく、情報化社会への対応を学べるメリットもあり、区立小中学校で積極的に活用すべきと考える。世田谷区におけるデジタル教科書の導入状況と今後の予定について伺う。

 

成果

・デジタル教科書は、掲載されている映像や音声などの情報を活用することで、より分かりやすい授業につながるほか、文字を拡大する機能などにより、障害のある子どもの学習支援にもつながる様々なメリットがあるものと考えている。

・現在、教育委員会では、教員用のデジタル教科書を導入し、動画やシミュレーション教材を用いて、子どもたちにより分かりやすい授業を行うなど、デジタル教科書の本格導入に向けて準備を進めている。
・来年度、文部科学省が児童生徒用のデジタル教科書の実証授業を行うことを予定しており、世田谷区では全校が参加できるように申請している。

・教育委員会としては、デジタル教科書導入に向けた国の動向を注視しながら、デジタル教科書の有効活用について研究を進めていく。

ページトップに戻る

◎情報リテラシー教育について

定例会名:

課題

・スマートフォンやSNSが子どもたちの間にも急速に普及していることに伴い、インターネットの利用時間の長時間化やSNSを通じて児童が被害に遭ったり、個人情報が不正利用されるなど危険が増大している。

 

課題解決に向けた質問・提案

・これらの課題解決に対応するため、子どもたちに情報リテラシーを身につけさせることは重要。

・新学習指導要領にも情報モラル教育が位置づけられ、様々な教材が出ているが、全国一律的な教材や授業では、進化し続ける教育のICT化に対応することが難しいため、専門の事業者にモラル教育を委託している自治体もある。
・世田谷区も、教育のICT化を進める一方で、情報リテラシー教育を一層充実させる必要があると考えるが、現在の取組と今後の方針について、区の見解を伺う

 

成果

・区では、全校で専門業者によるネットリテラシー醸成講座を開催しており、インターネットやソーシャルメディアとの上手な付き合い方や、インターネットの危険性などについて理解を深め、ICTを正しく利用できるように取り組んでいる。

・また、保護者の方に向けても、ネットリテラシー醸成講座を開催するとともに、リーフレットやチラシなどを配布して、個人情報の流出やネット依存の防止について情報提供を行っている。

・ネットリテラシー醸成講座や保護者への情報提供を教育委員会から積極的に行っていくことで、情報リテラシー教育のさらなる充実を図っていく。

ページトップに戻る

◎小中学校へのサーモグラフィーの導入

定例会名:

課題

・保護者の方から、次のようなご意見をいただいた。

・現在、小中学校では、子どもたちは家で検温して、体調について、その日の様子を紙に書いて登校することになっているが、自主性が求められることであり、一人一人の検温行為を信じることになり、人間なので、時には検温しないままの登校もあり得る。発熱がないことに担保が欲しい。

 

課題解決に向けた質問・提案

・コロナ対策として、民間企業や飲食店舗、スポーツクラブ、また、私立の小中学校では、次々とサーモグラフィーを導入している。
・サーモグラフィーを導入するメリットとして、まず、発熱がないことをその場で瞬時に証明できること、そして、そのことで、一定の空間内において、無症状の方を除き、感染リスクがないことを証明することで、人々の感染に対する不安を取り除くことができる。
・サーモグラフィーの導入により、安全性がより担保され、抑止にもなる。また、サーモグラフィーがあるから、無理をせずに早く寝ようといった健康管理にもなる。

・また、ただ検温するだけでなく、今は顔認証や自動扉との連動といった様々な機能があり、顔認証の機能を使うことで、登校の出欠管理にも使える。そのほか、自動扉と連動させることで、発熱がある場合には自動扉が開かないといったように、様々な用途で使える。
・このようなサーモグラフィーのメリットを踏まえ、世田谷区立小中学校へのサーモグラフィーの導入について見解を伺う。

 

成果

・現在、学校では、学校運営を継続して行うため、教職員、児童生徒、保護者、その他の学校関係者全員が新型コロナウイルス感染症対策を徹底して行っている。

・具体的には、手洗いや消毒、換気の徹底、三つの密を回避するなどを実施している。特に登校前の児童生徒の健康状態を把握するため、毎朝、検温と風邪等の症状の確認を保護者に依頼し、健康観察表に記入して、学校に提出を求めている。
・なお、登校時に検温等が確認できなかった児童生徒に対しては、学校で検温を実施し、風邪の症状等を確認している。このことは、出勤時の教職員につきましても、同様の対応を取っている。
・お話のサーモグラフィーの導入の件については、学校には既に配備している接触型検温器に加え、今年度は非接触型検温器も教育委員会で一括して購入し、登校前の検温等の確認ができなかった児童生徒に対しても対応できるよう取り組んでいる。

・現在の状況では、サーモグラフィーの導入は慎重に判断したい。学校の声を十分に聞き、必要な対策を実施していく。

ページトップに戻る

◎区立小中学校でのオンライン授業について

定例会名:

実現!

 

課題
・緊急事態宣言中、区立小中学校は全て休校となった。この間、オンライン授業が実施されていなかった。

・保護者の方からオンライン授業を求める声が多かった。

・「子どもが1か月以上も勉強しないままになってしまう、私立は早くからオンライン授業を実施している、兄弟で私立と区立に通っていて、私立はオンライン授業、区立は動画配信で、同じ家の中で違いが顕著に現れている。」といった懸念の声が多数あった。

 

課題解決に向けた質問・提案

・世田谷区は5月から動画配信を行っているが、文京区や熊本市などでは緊急事態宣言中にオンライン授業を導入している。
・オンライン授業は双方向のリアルタイムであり、授業の面でも、生活習慣の面でもよいと考える。

・生徒1人1台のパソコンとWi―Fi環境が整えば大変有効。

・実際に私立のオンライン授業を受けている生徒の保護者の方から「チャットで気軽に質問できるので、おとなしい子にとってはよい。」という声もいただいている。

・現在は分散登校であり、今後、授業の遅れを取り戻すための夏休み期間の補習にも活用できる。そして、今後、第二波、第三波の際にもオンライン授業が有効であると考える。見解を伺う。

 

成果

・今後、学校の再度の休業なども想定し、授業のライブ配信や双方向型のオンライン学習の環境を整備することは重要であると考えている。

・教育委員会では現在、児童生徒一人一台のタブレット端末の整備に向けて取り組んでいるところ。

・整備が整うまでの間に感染症の第2波、第3波が来る可能性も想定し、その時点で保有する端末や家庭の端末などを最大限活用して、子どもたちの学習支援を行うことができるよう検討を進めていく。

ページトップに戻る

◎キャリア教育について

定例会名:

実現!現在進行中

 

課題

・小中学生は、両親以外に、周囲に社会との接点が少ない。

・教育分野、特に小中学校の授業に携わる人に、社会人経験をした方が少ない。

 

課題解決に向けた質問・提案

・社会人経験をした人材を教育に生かす、例えば法律、金融、経済、メディア、ITといったそれぞれの専門分野の方を教育現場に入れることで、視野の広い経験豊かな方々の仕事の内容、考え方を学ぶことができ、刺激的で子どもたちによい影響を与えると考える。

・また、幅広い職業の方をお呼びすることで、一つの職に全うされている方、また、転職されている方、そして、パラレルワークをされている方など、多様な職業人としてのあり方も学べると考える。

・職業は一つではない、人生はやり直しがきくんだといったことをメッセージとして伝えることができる。

・そのためには、法律、金融、経済、メディア、ITといった各種団体、また、その学校の保護者の方によるキャリア教育が有効。特に学校の保護者の方にはさまざまな職業の方がいるので、キャリア教育としてよい環境にあり、今後、.積極的にその学校の保護者の方々によるキャリア教育の場をつくることが効果的と考える。見解を伺う。

 

成果

・現在、区立小中学校では、それぞれの学校の実態に応じて保護者、地域の方々やさまざまな団体の協力を得ながら、キャリア教育に取り組んでいる。

・例えば、尾山台小学校では、保護者や地域の方々から職業を通しての生き方について話を聞く学習を進めており、PTAにおいても、子どもたちの夢や将来の希望を聞き、保護者としてできることは何かをまとめる活動が行われている。

・中学校では、学校支援コーディネーターが保護者、地域、さまざまな団体を調整し、生徒が複数のブースを回りながら職業や働くことを学んだり、青少年地区委員会と連携して、職業や生き方について話を聞き、自分の将来や社会とのかかわりについて考えを深める機会などを設けている。
・キャリア教育だが、社会や企業の変化に適応し、夢や希望の実現に向かって挑戦する意欲や態度、自己肯定感を育むことは、これからのキャリア教育にとって重要な要素であると認識している。

・今後、子どもたちが保護者や地域の人と積極的にかかわり、さまざまな職業があることや、うまくいかないことがあっても他の道を選択するなど、多様な生き方があることを学び、自分の将来について柔軟に考える力を培う環境を整えてまいりたい。

・また、これまで各学校が独自にキャリア教育の取り組みを進めてきたが、今後は保護者等の協力を得て、地域を舞台とした世田谷区全体で推進する新しいキャリア形成のあり方について検討し、推進していく。

 

ページトップに戻る

◎プログラミング教育について

定例会名:

実現!


課題

私の知り合いの方から、「下北沢小学校のプログラミング教育について、内容はよかったが、環境整備がおくれている。」との声をいただいた。

 

課題解決に向けた質問・提案

世田谷区の学校のパソコン端末のブラウザーは、現在インターネットエクスプローラーを使用している。しかし、インターネットエクスプローラーは既に開発がとまっており、今後さまざまなソフトに対応できるように、このデフォルトブラウザーを変える必要がある。

具体的には、レガシーブラウザーではなく、クロームないしファイアフォックスといったモダンブラウザーに変更し、環境を整える必要がありる。見解を伺う。

 

成果

・学校設置のタブレット型情報端末のインターネットブラウザーは、標準ソフトとしてマイクロソフト社のインターネットエクスプローラーを使用しており、セキュリティー設定を一括管理している。

・小中学校のプログラミング教育ソフトウエアとして、このインターネットエクスプローラーに対応していないソフトウエアが提供されていて、そのソフトウエアの利用を希望する学校もある。

・セキュリティー管理はソフトウエアごとに行う必要があるが、グーグル社のグーグルクローム等につきましても、インターネットエクスプローラーと同様に利用できる環境を来年度に構築することを目指して検討している。
・プログラミング教育で使用するソフトウエアの選択肢を狭めることがないように、端末に不具合が発生するなどの障害が発生するリスク等を十分検証しながら対応を進めていく。

ページトップに戻る

◎特別支援学級の増設

定例会名:

実現!

課題

知的障害学級に通っている小学校のお母様から、次のようなご意見をいただいた。

「もうすぐ中学校に上がるが、うちの地域の中学校には特別支援学級がなく、バスまたは電車を乗り継いで行かなければならない、また、地元の友達と地域の学校に通い、ともに学びたいのに通えない、学区域の中学校に支援学級を設立してほしい。」

 

課題解決に向けた質問・提案

平成29年には、中学校における知的障害の特別支援学級は、7校20学級で地域ごとにない現状で、できるところから整備をしていただきたい。

 

成果

・中学の知的障害の特別支援学級だが、本年度も7校に20学級を設置し、140名の生徒が在籍している。

・生徒数の推移はここ数年横ばいの状況にあり、学級全体数としては一定の充足状態にあると考えいるが、小学校の知的障害の特別支援学級では在籍の児童数が増加傾向にあり、今後、中学校においても生徒数の増加が見込まれる。
・よって、現在改築が予定されている弦巻中学校において、知的障害の特別支援学級の教室面積を現況の3教室分から5教室分に増加させる計画。

・引き続き、こうした学校の増改築等の機会をとらまえ、地域的なバランスや地理的な利便性なども考慮に入れながら整備していく。

ページトップに戻る

◎小中学校における通級指導について

定例会名:

課題

文部科学省によると、公立小中学校の通常学級に在籍する発達障害児などが週に1・2回、クラスを離れて個別にコミュニケーション方法などを学ぶ「通級指導」の利用者は、この10年で2.5倍に増え、過去最多になっている反面、教員の確保が難しく、指導が必要と判断された子どものうち、8割以上通級指導を受けられていない。

課題解決に向けた質問・提案

・通級指導は、児童生徒が通う学校の担当教員がいるか、担当教員が他校から巡回してくる場合は自校で受けることができるが、担当教員がいる拠点校に子どもが出向く「他校通級」となるケースも多く、子どもや送り迎えする保護者の負担となっている。
・世田谷区でも児童生徒自身や保護者の負担軽減の観点から、自校通級を進めるべきと考える。今後、なるべく自校で通級指導が受けられるように体制を整備すべきと考える。見解を伺う。

 

成果

・区の「特別支援教室(すまいるルーム)」で指導を受ける児童・生徒数は年々増加傾向にあり、今年度は5月時点で、小中学校合わせて約1,800名となっており、この5年間で約1.6倍の人数となっている。

・こうした状況も踏まえ、区教育委員会としましても、教員の負担軽減と指導の質の確保に向けた取り組みが必要ととらえている。

・教育委員会としては、特別支援教室での指導が充実するよう、拠点となる学校に区の非常勤講師を配置するなどの人的支援を行うほか、教員研修や特別支援教育コーディネーター連絡会などを実施して、教職員の特別支援教育への理解を深めることができるよう支援していく。

・また、あわせて教員の配置等についても、機会をとらえながら、東京都教育委員会に要望し、特別支援教室における教員の負担軽減と指導の質の確保に努めていく。

ページトップに戻る

1 2 3 4 5


議会中継動画

  • インターネット議会中継

定例会名